ブログ

ブログ

2021/10/07
小児矯正症例
小児矯正症例写真④8歳男の子 前歯2本の反対咬合

・症例写真

:治療前(8歳)


:現在(9歳)


・不正咬合の種類 :反対咬合(前歯の噛み合わせが反対)

・施術名プレオルソ

・治療内容前歯の噛み合わせが生え替わりのタイミングで反対になってしまった患者様です。プレオルソを夜間寝る時のみ使用してもらいました。毎日使用するだけで、早い方なら3ヶ月〜6ヶ月くらいで改善されます。

・治療期間 :約1年

・費用55000円(税込) 

・リスク

・矯正治療中にむし歯が悪化し、歯科医師が必要と診断した場合、矯正治療中であっても器具を一度外して治療を行う場合があります。 

 ・定期的な通院や、取り外し可能な矯正装置・補助装置の装着時間など、歯科医師の治療計画にご協力いただけない場合、治療の結果に差が出る場合があります。 

 ・顎の成長に合わせて歯並びを改善するため、一時的に歯並びが悪い状態になることもあります。

・プレオルソにより疼痛・咬合時痛を生じる事があります。割れたり壊れたりする事があります。また、本人自身がMFTを行わないと、ほとんど効果が無いことがあります。