小児矯正とは

小児矯正とは

お子さまの歯の心配事のひとつに「歯並び」がよく挙げられます。
歯並びの悪さは見た目だけでなく、噛み合わせにも大きく影響します。正しい噛み合わせは健康な体を作るうえで非常に重要な役割を持っています。ここではお子さまの歯並びや噛み合わせに関する小児矯正についてご案内いたします。
  • 小児矯正とは
  • 小児矯正とは

お子さまの歯並びに関してよくあるお悩みとは?

「子どもが大きくなった時の歯並びが心配……」。
予防が可能な虫歯や歯肉炎などと異なり、お子さまの歯並びは生え揃ってみないとわからない部分があります。ではお子さまの歯並びに関するお悩みはどのようなことがあるのでしょうか。
  • 出っ歯
    出っ歯
    「なんとなく前歯が出ている気がする」
  • すきっ歯♪
    すきっ歯
    「こんなにすき間が開いていても大丈夫なの?」
  • デコボコした歯並び
    デコボコした 歯並び
    「きれいに並んでいない」
  • 受け口
    受け口
    「下あごが出ている気がする」
  • 開咬(オープンバイト)
    開咬
    (オープンバイト)
    「奥歯で噛んだとき、上下の前歯の間にすき間ができる」
お子さまの歯並びや噛み合わせでこのような症状が見られる場合は、歯列矯正が必要となるでしょう。

正しい噛み合わせを導くための小児矯正とは

小児矯正とは、お子さまの顎の発達の段階に合わせて、歯並びと噛み合わせを正しく整えるための歯列矯正です。お子さまの歯並びに関する悩みは出っ歯やすきっ歯、デコボコした歯並びなど「見た目が気になるから」とお考えの方がほとんどだと思います。しかし歯列が整っていることはもちろんですが、食べる、話すなどお口の機能を正しく機能させるためには噛み合わせを整えることがとても重要になります。と言うのも、噛み合わせはお口の中の機能だけでなく、全身の健康を保つ機能を持ち合わせているからです。
正しい噛み合わせを導くための小児矯正とは
正しい噛み合わせを導くための小児矯正とは
お子さまは日々成長していきます。歯列の整った歯並びには顎の骨の成長が欠かせません。
また指しゃぶりなどの癖も、歯並びの乱れに大きく関わり、噛み合わせの乱れにもつながります。

乳歯の時期に噛み合わせが乱れてしまうと、顎の骨の成長にも影響がでてしまって、永久歯がきれいに並ばなくなってしまう可能性が高くなります。
もちろん永久歯に生え変わってから歯列矯正を始めるケースもありますが、抜歯を伴うなど負担が大きくなってしまうため、早い段階で小児矯正を始めることで、きれいな歯並びと正しい噛み合わせを得ることができると考えております。
妊娠中のお口の中の状態について
正しい噛み合わせを導くための小児矯正とは
このように、小児歯科ではできるだけ歯を抜かず、顎の骨の成長を促して永久歯が正しい位置に生えるためのスペースを確保することを目的としています。
顎の成長に合わせてお口の中の機能を整え、きれいな歯並びと噛み合わせを目的とする小児矯正は、お子さまの生活を生き生きとしたものに導くことでしょう。

お子さまの歯並びや噛み合わせでお悩みの方は、できるだけ早めに当院へご相談ください。
  • 正しい噛み合わせを導くための小児矯正とは

ご予約・お問い合わせ

  • お電話はこちらから
    0595-64-3155
  • ネット予約はこちらから
    WEB予約