お子さまの虫歯治療

お子さまの虫歯治療について

お子さまの歯が虫歯になってしまった場合、どのような治療を行うのでしょうか。
ここではお子さまの虫歯治療についてご説明します。
  • お子さまの虫歯治療について
  • ママにうれしいお子さまの虫歯治療についてサービス

乳歯や生え変わったばかりの永久歯は虫歯になりやすい

お子さまの可愛らしい乳歯や生え変わったばかりの永久歯は大人の永久歯に比べてエナメル質が薄く、歯質が未熟なため虫歯になりやすい状態です。

特に色々なものを食べるようになると、アメやジュースなど、糖分をたくさん含んだ食べ物を食べる機会も増えることでしょう。甘いものをたくさん食べる時間が増えると虫歯になるリスクが高くなります。もしお子さまのお口の中に虫歯菌が存在し、糖分をたくさん含んだものを長時間口にする時間が増えると、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けて白く濁る「脱灰(だっかい)」という状態になります。

この脱灰が続くとだんだん歯が溶けて、やがて虫歯へと進行してしまいます。
乳歯や生え変わったばかりの永久歯は虫歯になりやすい
乳歯や生え変わったばかりの永久歯は虫歯になりやすい

子どもの虫歯治療はどんなことを行うの?

お子さまの歯が虫歯になってしまった場合、進行状態に応じた治療を行います。
脱灰がみられる場合は歯を削らず、歯の再石灰化を促すフッ素を塗布することで様子をみます。

再石灰化とは、脱灰によって溶けた歯の表面を再び修復する働きのことをいいます。
再石灰化を促す働きを持つ成分は、ひとつは唾液、もうひとつはフッ素です。
よく噛んで唾液の分泌を促し、フッ素を使うことで失った歯の表面を修復することで改善を試みます。

脱灰が進んで虫歯の状態になってしまったらフッ素塗布では改善が見込めないでしょう。痛みを感じるほどではありませんが、目で見て少し茶色っぽくなっている部分や穴が開いていることが確認できます。
このようなケースでは、歯の表面を少しだけ削ってレジン(歯科用のプラスチック)を使った治療を行います。

お子さまが歯の痛みを訴えた場合、虫歯が神経近くまで進行していることが考えられます。
このような場合も、状況に応じた治療で対応させていただきます。
子どもの虫歯治療はどんなことを行うの?
子どもの虫歯治療はどんなことを行うの?

安心して治療を受けていただくために
(笑気吸入鎮静法)

当院では、笑気吸入鎮静法を用いて恐怖心を取り除く方法で治療を行っております。治療を嫌がったり、怖がったりするお子さまも、笑気ガスを鼻から吸引して頂くことで、ふんわり浮かんでいるような感覚になり、リラックスして治療を受けていただけます。笑気吸入鎮静法で治療を行うと、治療時間も短く感じられるためリラックスしているうちに「いつのまにか治療が終わっていた」と感じる方がほとんどです。
また、全国の大学病院や小児歯科医院で使用されている安心・安全な治療法です。
その② 「ムーシールド」

定期健診を受けて、異常がないかどうか確認しましょう

虫歯は、歯の表面が溶けた脱灰では痛みを感じることはありません。甘いものがしみる、噛むと痛いなどの症状が出た時は、虫歯が進行している状態です。歯を削る治療を嫌がるお子さまは非常に多く、歯医者嫌いの大きな原因となることもしばしばあります。
大人もそうですが、特にお子さまの虫歯治療は早期治療が非常に大切です。
脱灰状態ならまだ歯を削ることもなく、お子さまにも大きな負担がかかりません。虫歯治療は早期発見、早期治療が何よりも大切です。
そのためには定期健診が非常に重要です。定期健診で虫歯になっていないか、歯の生え方に問題はないかどうか確認します。もし脱灰や程度の軽い虫歯が見つかった場合、速やかに治療を行うことが可能です。

お子さまの歯の健康のためにも、是非定期健診の受診をお勧めします。
  • 定期健診を受けて、異常がないかどうか確認しましょう
  • 定期健診を受けて、異常がないかどうか確認しましょう

ご予約・お問い合わせ

  • お電話はこちらから
    0595-64-3155
  • ネット予約はこちらから
    WEB予約